アルバの家 工法

MOCOフォームは気密性が高い吹付け型の断熱材です。
壁や天井などに直接シュッと吹付けると液体が狭いすき間にまで入り込み、発泡して膨らむので空気が通らないほどのすき間のない断熱施工を行えます。
そのため、断熱欠損が起こりにくく、熱損失も最小限に抑えられるので、断熱材本来の性能を発揮できます。

    < 現場にて発泡しながら施工 >



  • 窓まわり

  • 天井

  • 完成 隙間なく躯体に一体化!

住まいの断熱をおろそかにすると、冬の寒さ、夏の暑さに悩まされたり、暖冷房費が高くなったり。さらには熱中症やヒートショックなど家族の健康を脅かすこともあります。
住み始めてから気づいて後悔しないために、住まいの「断熱」を考えるには、家の中でもっとも熱の出入りが多い”窓の断熱性能”を高めることが、快適で健康な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。
エルスターSは、先進の窓テクノロジーで、従来の樹脂窓に比べ、断熱性能を進化させた高性能樹脂窓。暖房時の熱の流出、冷房時の熱の流出を抑制し、室内の快適さを守ります。


窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。
エルスターSは、熱を通しやすいフレームの露出を抑え、ガラス面積を拡大。採光性・意匠性を高めながら、断熱性能向上を実現しています。

フレームの見込を拡大し中空層を増やす多層ホロー構造で、熱の伝わりを抑制し断熱性能を向上。さらに、数多くの中空層を持つこの構造は、断熱性能を向上させるだけでなく、フレームの強度アップにもつながっています。

片側のガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、最適に設計された厚さの中空層には熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。
高性能化したガラスと樹脂スペーサーにより優れた断熱性能・防露性能を発揮します。


「evoltz」設置イメージ

建築基準法で定められている「耐震」だけでは、地震が起こった際に地震の際に躯体にかかってくる衝撃力を逃がすことができず、
弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまうことが多々あります。そんな耐震だけでは補えない性能をカバーするのが制振ダンパー「evoltz」。
地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を痛めないようにする技術で建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震にも有効とされています。


面材の壁は、地震の強い力を”面”で分散させるので、”点”で受け止める「筋かい」より強く、丈夫です。


MOCOフォームは気密性が高い吹付け型の断熱材です。壁や天井などに直接シュッと一吹付けると液体が狭いすき間にまで入り込み、発泡して膨らむので空気をが通らないほどのすき間のない断熱施工を行えます。
    < 現場にて発泡しながら施工 >



  • 窓まわり

  • 天井

  • 完成 隙間なく躯体に一体化!


住まいの断熱をおろそかにすると、冬の寒さ、夏の暑さに悩まされたり、暖冷房費が高くなったり。さらには熱中症やヒートショックなど家族の健康を脅かすこともあります。
住み始めてから気づいて後悔しないために、住まいの「断熱」を考えるには、家の中でもっとも熱の出入りが多い”窓の断熱性能”を高めることが、快適で健康な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。
エルスターSは、先進の窓テクノロジーで、従来の樹脂窓に比べ、断熱性能を進化させた高性能樹脂窓。暖房時の熱の流出、冷房時の熱の流出を抑制し、室内の快適さを守ります。


窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。
エルスターSは、熱を通しやすいフレームの露出を抑え、ガラス面積を拡大。採光性・意匠性を高めながら、断熱性能向上を実現しています。

フレームの見込を拡大し中空層を増やす多層ホロー構造で、熱の伝わりを抑制し断熱性能を向上。さらに、数多くの中空層を持つこの構造は、断熱性能を向上させるだけでなく、フレームの強度アップにもつながっています。

片側のガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、最適に設計された厚さの中空層には熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。
高性能化したガラスと樹脂スペーサーにより優れた断熱性能・防露性能を発揮します。



「evoltz」設置イメージ

建築基準法で定められている「耐震」だけでは、地震が起こった際に地震の際に躯体にかかってくる衝撃力を逃がすことができず、
弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまうことが多々あります。そんな耐震だけでは補えない性能をカバーするのが制振ダンパー「evoltz」。
地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を痛めないようにする技術で建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震にも有効とされています。



面材の壁は、地震の強い力を”面”で分散させるので、”点”で受け止める「筋かい」より強く、丈夫です。

ページ上部へ戻る