BLOG / COLUMN

2020年2月27日

Vol.112【石巻市新築コラム】バリアフリーとは

Vol.112【石巻市新築コラム】バリアフリーとは

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

バリアフリーに対応した新築住宅は、誰にでも訪れる高齢になった時の住まいとして利用価値が高いものになります。
 
バリアフリーとは?
一般的には玄関部分や浴室、リビングや寝室等に繋がる際に段差が無く、フラットな環境がある住宅です。
完全にフラットという訳にはいかないので、20㎜程度の段差に抑えてあるのが理想とされています。
また、高齢を対象にしているので、トイレや廊下などの手摺りを設ける住宅も多いです。        

将来的に車椅子を使用した場合を考えて、廊下を車椅子が通りやすいように広くしたり、扉を少し大きい引き戸にし、
車椅子でもスムーズに通れるようにするのが理想です。
バリアフリーにすることで、一人で出来ることが多くなり自立できるという心理的効果もあります。
 
住んでいる家族には必要がなくても、両親や知人などが訪れた際に便利な場合もあります。
また段差がなければ、多少暗くてもつまずいたりすることも少なくなり、子供も転びにくくなるなどのメリットも。
 
その他、段差がほとんど無い為、掃除がしやすいという面もあります。
体調が悪い時やちょっと疲れた時にも、廊下に設置した手摺などが役に立つ場合があります。
お子さんがいる家庭は、子供が手摺りを使用する機会もあり、体を支えやすくなるので、転倒防止などのメリットもバリアフリー住宅にはあるのです。
また、段差だけではなく、部屋や廊下、脱衣所から浴室へ等、温度差を抑える事もバリアフリーと言えます。
脱衣所・浴室で一番起こりやすい「ヒートショック」の危険が高い為です。
高齢の方がいないご家族にしてみれば、そこまでバリアフリーというのは必要ないかもしれませんが、
長く住み続ける住宅であれば、バリアフリー住宅で良かったと思う時がくるかもしれません。
 
後々、バリアフリーへとリフォームするのも結構な費用がかかってしまうので、新築する際もバリアフリー住宅の事を考えておくのもひとつの手段だと思います。
 
宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >