今回は、「注文住宅と分譲住宅(規格住宅)の違い」についてです。

■注文住宅

注文住宅はその言葉のとおり、お施主様の注文に応じて間取りはもちろん、建物の構造や、住宅設備や外壁などのメーカーを自由に選んで設計する家です。

最大のメリットは、構造や間取りが自由で、好みの素材や部材を使え、お施主様にご要望にあったお家がつくれるということでしょう。

そして、土地に関してはすでに持っているところか、建てたいところの土地を探し、購入したうえで建築するという形になります。
建築費用が高額になりがちで、お施主様にとっても打合せなどの時間や労力面の負担も大きいといったデメリットがあります。

■分譲住宅

分譲住宅は、土地と建物をセットで販売します。

建築された建物を土地とともに購入する「建売」と、最近では「建築条件付き」という形で契約後、お風呂などの住宅設備のタイプ・色や壁紙、外構デザイン、間取りなどを決めていく「売建」というものもあります。

注文住宅との違いは多くの場合、工務店・建築会社が指定されるため、使う材料、住宅性能や住宅設備や外壁などのメーカー・デザインが限定されます。

これにより施主様との打ち合わせの手間を最小限にし、コストを下げつつも、一定水準以上の安定したクオリティの住まいを安価に建てられるという点が最大のメリットです。

逆に言えば、自由度が注文住宅より低くなりがちです。

わかりやすく言えば注文住宅はフルオーダー、分譲住宅の「規格住宅」はイージーオーダーというところでしょうか?

また、間取りについてですが、以前は事前に決められたものの通りに作ることが通例というケースが多かったですが、最近は間取りに関しては自由設計可能という分譲会社・建築会社も増えてきています(弊社も自由設計OKです)。

なお、規格住宅では設備や扉、床材、サイディング(外壁)などのメーカーやデザイン、色などの選択できる範囲は分譲会社・建築会社によって、また分譲地の街並をどこまでそろえるかなどによって変わりますので、必ずご確認ください。

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】