BLOG / COLUMN

2020年4月8日

Vol.143【石巻市新築コラム】新築住宅の照明計画

Vol.143【石巻市新築コラム】新築住宅の照明計画

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

生活をする上で欠かせない照明ですが、どこにどのようなものを付けるかは部屋によって異なってきます。取り付け後に位置を変えることは容易ではないので、新築する際はしっかり検討しましょう。
 
■ダイニング
 
せっかく新築するのなら家族で食事をするダイニングは、リラックスした雰囲気を作ると同時に、料理を美味しく見せる照明が良いですね。おすすめは、電球色のペンダントライトで、テーブルから70㎝くらいの位置にあるのが理想です。注文住宅であれば配線なども考えられるのでこだわりの照明を好きなところに設置できます。新築しテーブルが大きい場合は、ペンダントライトの数を増やしたり、スポットライトやブラケットライト、スタンドライトを併用したりするとよいでしょう。
またダイニングで読書や勉強をする場合は、注文住宅で昼白色と電球色の切り替えができる電球や調光できる照明がおすすめです。
 
■リビング
リビングは家族の憩いの場です。新築なら尚更大切にしたい場所ですよね。こちらは家族の団らんだけでなく、読書や作業などさまざまな使い方をするスペースです。新築の部屋全体を明るくするシーリングライトに加え、ダウンライト、壁面にブラケットライト、コーナーにスタンドライトなど、間接照明を組み合わせて明暗のアクセントをつけるといろいろな雰囲気を楽しめます。注文住宅で自由に考えた間取りの新築に絵画や植物を飾って、スポットライトを当てるのも素敵です。
 
■寝室
安らぎを最優先にしたい寝室は、暖かみのある電球色の照明にしましょう。光源が直接目に入らないよう、全体照明はカバー付きのシーリングライトにし、注文住宅ならではのこだわりの間接照明でくつろぎ感を演出しましょう。
リモコンで明るさの調整や電源のオンオフができると、横になったまま調整ができて便利です。また夜中に起きることを考え、足元灯も設置しておくと安心です。注文住宅での新築なら足元灯もつけたい分だけ付けられますね。
 
■子供部屋
機能性重視で明るめの照明を選びたい新築の子供部屋は、天井直付けのシーリングライトがおすすめです。割れにくいアクリル製のもので、白っぽい昼白色の明かりのものがよいでしょう。寝る時には豆電球にすることができ、リモコンも付いているので便利です。
 
宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >