BLOG / COLUMN

2020年4月23日

Vol.155【石巻市新築コラム】オール電化のメリット・デメリット

Vol.155【石巻市新築コラム】オール電化のメリット・デメリット

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅でも、ガスを使わず電気でエネルギーを作るオール電化の新築住宅が多く建てられています。

オール電化にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

■ガス代や灯油代がかかりません
オール電化の住宅では、ガスや灯油を使用しないのでガスや灯油の基本料金の支払いが必要ありません。
電気代がオトクな夜間電力を使用する事でお得に電気を利用できます。
さらに、新築住宅の屋根に太陽光パネルを設置し発電する事で割高な昼間の電気料金も節約できて安上がりです。

■安心・安全
火を使用しないので、火事はタバコや卓上ガスコンロなどの使用の際に気をつける事でゼロに近づきます。小さなお子様や高齢の方がいらっしゃるご家庭では火を扱わないというのは大きな安心感に繋がります。

■災害時の復旧の早さ
万が一の事態で一番早く復旧するのが電気と言われています。断水時にもタンクに貯めたお湯を使用するなど、手洗い、入浴などの生活用水として使用できます。

では、デメリットとは?

■昼間の電気代が高い
オール電化の新築住宅のプランでは、夜間の電気料金が安く設定されているため日中の電気代は高くなってしまいます。新築住宅に住まわれるご夫婦が共働きで日中不在がちなご家族であれば大きなデメリットにはなりません。

■調理器具が全対応ではない
IHクッキングヒーターはIH対応の鍋やフライパンが必要です。しかし以前に比べてIH対応器具が増えてきているので、調理器具選びには困らないと思います。新築住宅で、どうしても火力が命の中華などの料理がしたいという方はガスの方がいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅のことならタカコウ・ハウスへお気軽にご相談下さい。
 
宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >