BLOG / COLUMN

2020年6月30日

Vol.201【石巻市新築コラム】リビング階段のメリット・デメリット

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。
 
新築注文住宅を建てる際に間取りに大きく関係してくるのが「階段」です。
そこで、今回は「リビング階段」のメリット・デメリットについてお話しいたいと思います。
 
新築注文住宅で家族のコミュニケーションがうまれるリビング階段は、間取りの要望として多いポイントです。
みなさんはリビング階段を採用した時のメリットとデメリットをご存知ですか?
メリット・デメリットを把握し、新築注文住宅で考えたい優先順位のどこにあたるのかぜひ考えてみて下さい。    

■リビング階段のメリット
・部屋を広く使える
リビング階段を採用しない戸建て住宅の場合、廊下スペースを作り階段を作ることになります。
リビング階段であれば、廊下に階段スペースを取らずにリビングに階段を作りますので、部屋のスペースを確保する事が可能です。
つまり、部屋を広々と快適に使う事ができます。
・2階の部屋に上がる際に、リビングを通ること。
お子様がいるご家庭では特に、「友達を連れて来てもどんな友達かわからない」「子供がいつ帰ったかわからない」などが不安なこととして挙げられます。新築住宅にリビング階段を採用すれば、それをカバーする事ができます。

■リビング階段のデメリット
・においや音が2階に伝わる。
リビングは家族が1番長い時間を過ごし、家族だんらんが生まれる場所ですが、2階との間に遮断するものが無いため、音やキッチンからのにおいなどが2階に伝わってしまうのです。
・1階の冷暖房が効きにくい。
特に冬場のエアコンを使う時には、暖気は2階にあがっていきますので、1階に暖かい空気が貯まりにくくなってしまいます。

■リビング階段のデメリットを解消するには?
階段に建具やロールカーテン等を設置し、音や臭いが2階に上がらないようにするなどがあげられます。

新築リビング階段にはメリット・デメリットがありますが、工夫次第で自分たちにぴったりの間取りとなります。
タカコウ・ハウスではお客様の要望にあった間取りをご提案させて頂きます。ぜひお気軽にお問合せください。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >