BLOG / COLUMN

2020年7月27日

Vol.220【石巻市新築コラム】快適な住まいのカギは収納!①

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

新築注文住宅を建てるとき、快適で住みやすい家にするには有効活用できる収納スペースが欠かせません。

古くからある日本家屋の畳1帖分の押入れを使用すると気づくことが多いのですが、規格サイズの収納スペースだと有効に使えないスペースがでてきてしまいます。収納スペースは、ただ多ければ、広ければ良いというものではありません。

収納が多すぎて、生活するスペースが狭くなってしまうのも嫌ですよね。

新築注文住宅を建てるなら収納スペースは使い勝手の良いものにすることが大切なポイントです。

今回は、新築注文住宅の購入を検討しているなら必ず知っておいたほうが良いおすすめの収納スペースについて紹介したいと思います。

 

日々の暮らしに必要なものをすっきりと収納させることは、毎日を快適に楽しく過ごすことにつながります。

家族構成や趣味、ライフスタイルなどに合わせた収納スペースを設けることで、使い勝手が良くなるだけではなく、家をきれいに保ち、時間を有効に使うことにもつながるります。

収納はものをしまう場所ではなく、つかうものを「スタンバイさせておく場所」という考え方にすれば、自然とものを増やさない生活になっていくとおもいます。

収納スペースを考えるときに収納への考え方も柔軟にすると、将来のライフスタイルの変化にも対応できる収納スペースをつくりあげることができると思います。

キッチンでつかう道具、掃除道具、洗濯につかう道具たちでも、「使う場所」に近いところに収納すると、取り出すのも片付けるのも簡単になり、使い勝手が良くなり忙しい現代人には欠かせない時短にもつながります。
例えば、お風呂で使うタオルや下着、パジャマは、脱衣所に収納しておくと便利です。

外出のときに着るコートは、寝室やリビングではなく玄関にコートをしまえるクロークのようなものがあると便利です。

花粉症のご家族がいる海老名市や綾瀬市にお住まいの方には、花粉を居室にに持ち込まないことにつながります。

いかがでしたか?

次回は快適な暮らしにおすすめの収納についてお話ししたいと思います。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】 

 

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >