BLOG / COLUMN

2020年8月19日

Vol.233【石巻市新築コラム】造作家具をつける際の注意点

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

今回は新築住宅の造作家具について、お話ししたいと思います。

近年はオシャレな造作家具がとても人気です。
人気の理由としては、新築住宅に作り付ける家具ということで統一感がありますし、
水回りや各部屋などの用途でサイズや使い勝手も思い通りにできるというところも人気のポイントです。
宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さまに、
是非検討していただきたい造作家具ですが、デメリットも有るのをご存知でしょうか?
 
造作家具のデメリットは・・・                                      
■必要がなくなった
マイホームを建てて10年も経つと、お子様が独立し生活スタイルが変化するということもあると思います。
そして、その変化に伴ってこの家具は必要なかったと思うこともあるかもしれません。
一般的な置き家具であれば、設置場所を変えたり処分するということも簡単にできますが、
造作家具の場合は壁や床に固定されていますので、簡単に入れ替えることができません。
・ポイント
造作家具を取り付けるときには、将来のことまで考えて計画的に取り付けましょう。
    

■イメージと違った
家に合わせて作り付ける造作家具は、インテリアショップ等で完成品を選ぶわけではありません。
ですので、出来上がりのイメージがつかみにくくなります。
・ポイント
完成した新居を見て、イメージしていたものとなんとなく違う、壁紙やドアなどの内装と合わないということがないように、
色などの打合せもしっかりと行う事が大切です。

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さまは、
ぜひ計画的に検討して、納得のいく新築住宅を建ててくださいね。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】 

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >