BLOG / COLUMN

2020年8月31日

Vol.242【石巻市新築コラム】スタディーコーナーの間取り

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

今回は前回に引き続き『スタディーコーナー』についてご紹介したいと思います。

■スタディーコーナーの間取り

・ダイニングテーブルの横に設けたスタディコーナー。お子さまとご家族みんなで使用できるスタディコーナーとなっております。リビングのデザインに合わせたテーブルなので、統一感が生まれ圧迫感がないスペースとなっています。

・リビングに設置したスタディコーナーですが、仕切りがあり、リビングに設けていても一人の空間を感じられる場所となっています。仕切りがあることでリモートワークをする際も集中して仕事をすることができます。また、奥様の趣味のも使用することができるので、用途によって使い分けすることができます。

・リビングスペースに設けたスタディコーナーではありませんが、2階のスペースを利用し、スタディコーナーを設けることも可能です。小窓を設置をすることによって、自然光の光も差し込んできますので、圧迫感を感じることがありません。こちらは、お仕事をリモートワークにされている方にはおすすめのスタディコーナーとなっております。また趣味の部屋にも使用可能です。ご家族と一緒にいることも大事ですが、たまには一人の時間も欲しいときに使うこともできます。

家族で使用できるスタディーコーナーは、リビングに設置すると便利です。しかし、スタディーコーナーの場所をよく考えて設置をしないと、リビングから不自然に見えてしまったりします。リビングと溶け込めるようデザインを統一して設置をしましょう。

■スタディーコーナー以外の用途・・・

お子さまが成長をし、スタディーコーナーを必要となくなったら、ご夫婦の趣味などで使用することも可能ですし、収納スペースとして使うこともできます。もし、趣味の作業をしていて、作品ができたときにそちらのスタディーコーナーに収納していくと、見せ方を工夫すればリビング雑貨として、空間を華やかにしてくれます。

スタディーコーナーは、お子さまだけではなく、ご家族で使用できるスペースとなっているので、仕切りを設けて生活音があまり入らないように、スタディーコーナーを設ければ、リモートワークのときにも役に立つ便利なスペースとなっております。また、設置希望の場合は、設計の方にスタディーコーナーを設けたときの間取りなどを相談することをおすすめします。設置することによってのリビングの見え方、圧迫感、お子さんが集中できそうな環境になるかなどを考えてスタディーコーナーを設置しましょう。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >