BLOG / COLUMN

2020年8月29日

Vol.241【石巻市新築コラム】お家にスタディコーナーを設けるメリット

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

最近では、お家でリモートワークが増えてきました。

そのため、注文住宅を建てる際にスタディコーナーの設けたり、限られたスペースでスタディコーナーにしたりと今の時代に合わせた注文住宅をご要望される方がいらっしゃいます。リビングに設けるスタディーコーナーは、家族との距離も近いですし、お子さまの勉強時にも使用できるので、ご家族で勉強を見たりすることもできます。スタディーコーナーについて、おすすめの間取りをご紹介していきます。

スタディコーナーは一般的には、リビングに設けているスペースのことです。

小さなお子さまの勉強用にスタディコーナーの希望をする人が比較的多くなってきました。小学校にあがる前のお子さまがご家族の目が届くリビングで勉強をさせたいという考えもあって、リビングに設置する方が多いです。また、勉強で行き詰まったときに家族で教えることができるというメリットもあります。その他にも適度に生活音がある所で勉強をすることで、集中力もアップするといわれていることもあり、リビングにスタディコーナーを希望される方がいらっしゃいます。

リビングにスタディコーナーを設置するとしても、リビングとのイメージが合わないかもしれないと心配される方もいますが、注文住宅なら、テーブル板をリビングに合わせたデザインを選ぶことができますし、お子さま以外にもお仕事でパソコン作業を行うこともできますので、スタディコーナーは、ご家族で使用できる便利なスペースになります。

■スタディコーナーのメリット

リビングにスタディコーナーを設置することによって、様々なメリットが期待されます。

リビングでお子さまが勉強していると様子もわかりますし、コミュニケーションもすぐに取ることができます。ずっと子ども部屋に入ってしまい出てこないということがないので、子どもとの触れ合う時間は増えます。

リビングにスタディコーナーがあることによって、毎日机に向かう習慣が身につきます。一人で勉強をすると周りが気になってしまい、集中力がかけてしまいますが、小さい頃からリビングで勉強をしていれば生活音は気にならなくなりますし、気が散ることがなくなるので、その分集中力が上がり勉強の効率も上がってきます。お子さまもご家族の様子がわかることによって、早く勉強を終わらそう。という動機にもなります。

■スタディコーナーのデメリット

スタディコーナは、部屋の間取りによっては、圧迫感を感じてしまうこともあります。

せっかく集中できるからとスタディコーナーを設けたとしても、圧迫感や集中できない位置に設置してしまうと逆効果になってしまうので、設置する場所などは、よく相談をしてスタディコーナーを造るかどうかを検討しましょう。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >