BLOG / COLUMN

2020年10月21日

Vol.250【石巻市新築コラム】ハウスメーカーと工務店の違いとは

Vol.250【石巻市新築コラム】ハウスメーカーと工務店の違いとは

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

注文住宅を建てる際、ハウスメーカーにするか工務店にお願いをするかで悩んでいる方がいらっしゃいます。注文住宅を検討されている方によく聞くのは、ハウスメーカーと工務店の違いがわからないということです。

新築注文住宅を建てるには、間取りを考えて設計図を作成し、見積もりを出し建築をしていきます。この手順はどのハウスメーカーでも工務店でも大まかな内容は変わりません。では、ハウスメーカーと工務店にはどんな違いがあるのでしょうか?

■ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは独自のブランドを全国規模で展開している大きな会社のことを指します。CMで見かけるようなハウスメーカーなどは施工エリアが広いというのが特徴です。そのため、どの地域でも住宅展示場にモデルハウスがあるためすぐに見学することが可能です。施工仕様や規格が統一しているため、工期が短くスムーズに進みます。また、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感があります。安定している経営基盤となっているためアフターフォローも充実しています。

■工務店とは

工務店とは、ハウスメーカーとは違い特定のエリアを対象とし、地域密着で営業を行っている会社が多いです。ほとんどの従業員が職人さんで家を建てて、完成後も小さなトラブルでもすぐに駆けつけてくれるそんなイメージかもしれません。しかし、このイメージは間違いではありませんが、最近の工務店は特定のエリアを少し広げてハウスメーカーのように支店を持ったり、フランチャイズに加盟したりしています。加盟をした工務店は、コストを抑えて高品質な新築注文住宅を建てることが可能になったりしています。

注文住宅の作り方

ハウスメーカーは自社ブランドなど用意されている商品からいくつかの間取りパターンや標準設備から選ぶスタイルが多いです。一定のパターンから変更を加えていき、キッチンや浴室、壁紙や屋根の仕様など様々なバリエーションから選ぶので、どんな家にしようか決まっていない方には選択肢のバリエーションがある方が決めやすいです。工務店は、設計士と一から作り上げていくので、自由度は高いです。どんな建材を使い内装や設備などを自由にプランニングすることが可能なので、お家づくりにこだわりがある方は、自由度が高い工務店がおすすめです。

様々な特徴があるため悩んだ場合はどんな家に住みたいかで会社を選ぶこ良いかもしれません。ハウスメーカーなら全国展開をし、品質やサービスも一定の安心感があります。しかし、コストが高いという面と設計の自由度が低いという点があります。工務店は、コストは低いですし、設計の自由度が高いです。しかし、品質に関しては、ハウスメーカーと同じくらいの品質を持った工務店もあります。ですが、その品質を持った工務店が地元にあるのかなど調べなければいけないので、手間はかかってしまいます。お家は一生のお買い物と言われているので、じっくり会社を選び素敵なマイホームを建ててください。

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >