BLOG / COLUMN

2020年1月15日

Vol.80【石巻市新築コラム】定年まで社宅か、一戸建てか迷ったら

Vol.80【石巻市新築コラム】定年まで社宅か、一戸建てか迷ったら

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

家賃の安い社宅に住み続けるか、夢のマイホームを購入するか、悩む方が多いかと思います。

今回は、社宅と一戸建てを比較し、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

 

以前の社宅は企業名義の建物が多かったですが、近年では企業が賃借契約をする借上社宅が主流になりました。
多くの借上社宅では、家賃に管理費が含まれているため、清掃当番などの管理業務の分担はないと言って良いでしょう。また、複数の社宅から、自身の生活スタイルに合った住居を選べる会社が増えています。

社宅の一番の魅力は、近隣住宅の家賃相場よりもかなり安い家賃で住めることだと言えます。また、一般の賃貸物件に居住し、住宅手当を受け取った場合、その手当にも所得税と住民税が課されるため、実際に家賃として支払う金額が同じでも、社宅を利用した方が得であると言えます。

しかし社宅には、退職する際に退去しなければならないデメリットがあります。会社を辞めると決意してから、新たな職と住居を同時に探すことは容易ではありませんので、長く勤続する予定がない方にはおすすめできません・・・

定年退職後の年金生活を安心して過ごしたいなら、早めに一戸建てを購入することをおすすめします。住宅ローンを利用する場合は、ローンが組める年齢までに購入を決めなければなりません。多くの住宅ローンでは、返済期間35年以内、かつ80歳までに返済が完了することが融資の条件となります。45歳まで利用できる計算になりますが、それだと返済期間が定年後に及ぶことになります。ローンの返済と生活費を年金だけで賄うことが難しく、子どもの援助を受けている方も多いようです。
早い段階でローンを完済することは、老後の生活の安定につながります。結婚して、ある程度生活が落ち着いたら、一戸建ての購入を検討することをおすすめします。

社宅には家賃を抑えられるメリットがありますが、退職後の住居が保障されていないなどのデメリットがあります。
現状だけでなく、10年後、20年後の生活を見据えて選択する必要があります。

タカコウ・ハウスでは、無料の資金計画相談会を行っています。お気軽にお問合せください。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】

先着 10 組様限定

プラン集
施工事例集
無 料 プレゼント
資料請求ページへ >
プラン集施工事例集
プラン集施工事例集

毎週開催!多くのご家族が来場する

最新見学会&
イベント情報

詳しくはこちら >
最新見学会&イベント情報
最新見学会&イベント情報

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >