BLOG / COLUMN

2020年1月21日

Vol.85【石巻市新築コラム】開放感を感じられる家づくり

Vol.85【石巻市新築コラム】開放感を感じられる家づくり

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

同じ広さの新築住宅でも工夫次第で広く感じるお家があります。

例えば、天井が高かったり、開口部が広かったり、部屋の間仕切りがないとやはり広く感じるものです。

限られた空間の中で、開放感を感じられるような家づくりを工夫してみてはいかがでしょう。

ただし木造建築では耐震性を考慮することももちろん重要になります。

それでは、新築住宅に高い天井や大開口の窓、間仕切りのない部屋を設けた場合のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

 

■高い天井

空間に広がりができ、日差しも入って明るい吹き抜け。

天井が高いと気持ちにゆとりが生まれる気がします。

しかし気になるのが冬の寒さ・・・。

暖かい空気は上にいってしまうため、足元が冷えがちになってしまいます。

家全体の断熱性能をあげることはもちろん、暖房器具についてもよく検討することが重要です。

 

■大開口の窓

家の中いるのに、まるで屋外にいるかのような開放感。

窓から見える風景が、まるでリビングと一体化したかのように感じられるスケール感は広さをより感じられます。

大きな窓は明るく、日差しもたっぷり入って気持ちがいいものです。しかし一方で、周囲の視線や冬の寒さが気になることもあります。

大きな窓を設ける場合は、周囲の環境を考慮し、プライバシーの確保、断熱性能の高い窓やサッシを選ぶようにしましょう。

 

■間仕切りがない部屋

なるべく間仕切りをなくして、広い空間にすると開放感が感じられます。

廊下などのスペースはできるだけ減らして床面積を有効に活用し、部屋の間仕切りを引き戸にしてみてはいかがでしょう。

引き戸なら開けておけば部屋を広く使え、必要なときは閉めて個室として利用できます。

いかがでしたでしょうか、限られた広さの土地で建てる新築住宅も工夫次第でより広さを感じられる家づくりが可能となります。

 

宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz(グランツ)】

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >