BLOG / COLUMN

2020年7月11日

Vol.211【石巻市新築コラム】健康住宅をつくる

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

宮城・石巻市・東松島市・女川町で新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅をご検討中の皆さまは、断熱性・気密性の高い家だと健康被害が起こりにくいことをご存知でしょうか?

今回は、住宅性能が健康にどう影響するのか紹介させていただきたいと思います。
 

新築注文住宅では断熱性の高い家づくりにより、冬の寒さによる健康被害を低減させる為に、年中部屋を適温にすることが望ましいです。

部屋と部屋との温度差が大きいためにヒートショックで亡くなる方は非常に多いです。寒い冬だと、浴室やトイレ、寝室などで亡くなる方は多く、交通事故で亡くなる人の3倍以上多いことが分かっています。

ヒートショックとは、気温差により血圧が大幅に変動し、脳梗塞や心筋梗塞をもたらすことです。主に65歳以上の高齢者や高血圧の人、糖尿病、肥満、不整脈のある人に起こりやすいです。 

また、家の中で温度差があることで、窓に結露が発生し、ダニ・カビが生じる環境になることが分かっています。家庭内のダニ・カビは、ぜんそくやアトピー、アレルギーを患う原因のほとんどです。

そのため、新築注文住宅の「家の性能」を重視する必要があります。
タカコウ・ハウスの『全館空調の家Glanz』は高気密高断熱、さらに家庭用ルームエアコン1台で家中快適温度の全館空調YUCACOシステム採用し、冬でも暖かい家で過ごすことができます。

いかがでしょうか?

新築注文住宅、ZEH住宅を建てるなら、ご家族の健康に問題ない住宅をつくりたいですよね。

タカコウ・ハウスへお気軽にご相談ください。

 
 宮城・石巻市・東松島市・女川町で【月々6万円からの新築注文住宅、ZEH住宅、省エネ住宅はGlanz】 

OB様邸来場予約キャンペーン

WEBからの来場予約ならメリットがたくさん。
さらに、今ならクオカード 1000円分プレゼント!

QUO
今すぐ予約する >